ネイルケアの注意事項カテゴリの記事一覧

ネイルカラーについて 1



塗り方に注意すれば、ネイルカラーの持ちと仕上がりは、もっともっと良くなります。
毎晩、除光液でネイルカラーを落として爪を休ませるのがいい。
一度塗ったら、なるべく塗りっぱなしのほうがいい。
と、意見が分かれるネイルポリッシュですが、近頃では後者の考え方の方が正しいとされています。
とういのも、除光液に含まれているアセトンやトルエンといった化学成分が、爪の水分や脂分を取り去ってしまうことがわかったからです。
ですから、除光液を使う回数を最小限に抑えることも、健康で美しい爪を維持するための大切なポイントなのです。
ただし、実際に落とすときに除光液の量をケチってゴシゴシこすったりしていると爪を傷めてしまうので、使う量はたっぷりめがいいでしょう。

ネイルカラーについて 2



ネイルカラーはそのままでも、トップコートだけを2〜3日に一度、塗りなおすことは、もちをよくするためのコツの一つです。
そうすることにより、ネイルカラーは確実に長持ちしますし、塗りたても時のようなフレッシュなツヤを失いません。
またネイルカラーを塗るときの心得としては、決して甘皮の領域を侵さないことを念頭に置くようにしましょう。
甘皮は、新生したばかりの爪を保護している皮膚なのですから、この部分にネイルカラーをのせたり傷害を加えてしまいますと、ネイルカラーが剥がれやすくなるばかりではなく、これから生まれる爪にも異常をもたらします。
第一、見栄えもよくありませんね。
くれぐれも注意してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。